コンテンツ

浴室の水のトラブルの予防策

浴室で使用する機器は、シャワーや浴槽だけではありません。給湯器や換気扇も浴槽で使用するには欠かせない機器です。毎日使用することで、水のトラブルに繋がる場合がありますが、修理には手間と時間を要します。各種生活場面で、トラブルを防ぐためのポイントを紹介します。

■給湯器の水のトラブルを予防するポイントと対策

給湯器は屋内外それぞれに設置されているタイプがありますが、特に屋内の場合は厄介です。浴槽や蛇口と接続されており、機器や排水管の傷、浴槽のひび割れなどで、水のトラブルにつながりやすくなります。経年劣化や部品の不具合のレベルによっては、自身で給湯器の修理をすることは事故に繋がるおそれもあるので、控えた方が無難です。メーカーや水道業者に相談をした上で、適切な処置をするようにしましょう。
屋外に設置されている場合でも、結露や台風などの天候の影響を受けて配管を傷めやすくなります。配管にタオルを巻くなど、外気の影響を可能な範囲で抑えることにより、水のトラブルを回避することができます。しかし、故障が起きた場合は専門業者に相談をした方が安心です。

■換気扇の水のトラブルを予防するポイントと対策

換気扇は直接水の使用をするものでは無いため、水のトラブルは起きないと考えがちですが、これは大きな間違いです。浴室内の換気をするため、水蒸気や外気の影響を受けます。水滴が付着したり部品の劣化に伴い、換気扇内部に水が溜まり、水のトラブルへと発展します。
対策の一つとして換気扇を使用せず、窓の開閉のみで換気を済ませる方法があります。しかし、賃貸物件などはセキュリティーの問題があり、難しい環境です。換気扇内部に水が溜まっている場合でも、放置しておくと錆になりかねません。定期的な換気扇の清掃をすることはもちろん、雨水が入っている場合は一度分解してから取り除く必要があります。
一方、換気するための空気を出す役割を担うフレキダクトが傷んでしまい結露水が逆流してしまう場合は、衛生面の影響を抑えるためにその箇所の補修が必要です。自分で修理することは困難ですから、専門業者に依頼する流れとなります。

■まとめ
給湯器や換気扇は、水の使用にて直接の影響を受けることが少なく、水のトラブルとは縁が無いと捉えてしまいがちですが、これは大きな間違いです。外気や経年劣化に伴い、水のトラブルに発展することが考えられます。自身で予防や対策をとることも必要ですが、機器の不調の場合は自分で修理することはやめるようにしましょう。専門業者に依頼した上で適切な処置を依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ