コンテンツ

水道 工事業者に浴室の水のトラブル修理を依頼する場合

浴室で過ごす際、多くの方はシャワーだけでなく浴槽につかって、心身のリフレッシュを図ります。しかし、経年劣化や外的衝撃の影響から浴槽にヒビが入っていると、水のトラブルが懸念されます。水道 工事業者に修理を依頼する方法もありますが、浴槽のタイプと修理の判断基準を紹介します。

■一体式浴槽で水のトラブルを防ぐ方法と水道 工事について

一体式浴槽は、浴室内の壁や天井などの各パーツに浴槽が設置されているタイプです。合わせ目が一体化しており、水のトラブルが起きる可能性は低いです。浴槽の裏側や隙間の掃除をすることも無いため、管理面でも楽です。
しかし、浴槽にヒビが入ってしまうと傷が広がることで水道 工事が必要となります。小さな傷なら自分で市販の補修材を用いて塗装することで、修理をすることができます。赤茶色の汚れが出た場合は、金具の腐食や錆が発生しています。放置してしまうと浴室全体に被害を与えかねませんから、水道 工事業者に依頼をしてください。
また、賃貸物件の場合は自分で補修をしてしまうと、退去時にトラブルになりかねません。管理責任者に相談した上で対処しましょう。

■置き式浴槽で水のトラブルを防ぐ点と水道 工事について

浴槽単体で設置できる置き式タイプを設置している場合のポイントを紹介します。置き式タイプは設置や取り換えが簡単ですが、スペースが無いと設置できません。そのため、大人が生活する際賃貸物件で使用することはほぼありません。側面の掃除が必要なため、手入れも手間がかかります。
置き式タイプでも、浴槽のヒビ割れに伴う水のトラブルは起こります。塗装することで補修は可能ですが、接着が甘いと隙間から水が入り水のトラブルになります。浴槽だけの交換は、メーカーや業者で生産されていると、対応してもらえます。
浴槽の交換を水道 工事業者に依頼する場合、本体価格に加えて工事、撤去費用が発生します。見積もりや相談を無料で対応している水道業者もありますから、費用面を含めて確認すると良いでしょう。その上で、自身のライフスタイルに合ったバスタイムのデザインへとつなげることが大切です。

■まとめ
浴槽のタイプは一体式と置き式があり、メンテナンスのしやすさや使いやすさ等、特徴はそれぞれ異なります。水のトラブルでよくあることは、浴槽のヒビ割れです。ホームセンターで塗料を用いて修理することも可能ですが、難しい場合は水道 工事業者に依頼してください。浴槽の交換を選択肢に入れている場合は、見積もりをした上で判断すると良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ